人気ノベルを豪華キャストで映像化したスプラッター・ホラー・アニメ、ついに登場!!

夏休みで無人となった大学を舞台に、100年の眠りから覚めた2体のゾンビ少女と学生たちとの壮絶な死闘を描いた、池端亮(『みんなの賞金稼ぎ』『BLOOD+』)が2007年に発表した単行本『あるゾンビ少女の災難』。そのユニークなストーリー展開と個性あふれるキャラクターの掛け合い、手に汗握るアクションとバトルで人気を呼び、2012年6月には装いも新たにスニーカー文庫(KADOKAWA)からライトノベルとして再リリースされ、同年11月にはシリーズ第二弾となる『あるゾンビ少女の入学』も刊行。

その人気原作を『地獄少女』『夏目友人帳』の金巻兼一が脚色。キャラクターデザインと総作画監督に『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』の高岡じゅんいちを迎え、『怪盗レーニャ』『にゃんぱいあ The Animation』の新鋭・岩見英明が監督した長編アニメーション。荘厳かつ勇壮な音楽は、平成『ガメラ』3部作や『金色のガッシュベル!!』など多くの実写やアニメでおなじみの大谷幸。

従来の公開形態ではなく、デジタル配信先行によるリリースとなる。


 7/4から配信が始まるサービスは以下の通り。

 
ひかりTV
J:COM
auビデオパス
ビデオマーケット
DMM.com
TSUTAYA TV
GYAO!ストア
U-NEXT
PlayStation Store
Google Play
iTunes
Rakuten TV
ニコニコ
dアニメストア
Amazon